志波彦神社・鹽竈神社

志波彦神社

鹽竈神社

境内図

鹽竈桜

主たる年間祭祀表

祈祷・鹽竈講社

鹽竈神社博物館

交通ガイド

お問い合わせ



トップページ

塩竈市観光物産協会

鹽竈桜



鹽竈神社の鹽竈桜(国指定・天然記念物)

 サトザクラ系の八重桜で、例年5月上旬に満開となる。
花は淡紅色の大輪で極く短い花軸に密に群生する。 「鹽竈」なる桜は、堀河上皇の御製にその名が見えることから平安時代には成立していたと考えられる。 また、江戸時代には井原西鶴の小説や近松門左衛門の戯曲にも登場するほど知名度の高いものであった。 古来著名な品種として昭和15年に天然記念物に指定されたが、単木の高齢木であったためその後枯死し、昭和34年に一時指定解除された。 しかし、鹽竈神社では、この桜の苗木育成に努め、境内に植栽して保存してきた。 数多くの桜のうち、古くから広く知られており、学術・文化両面でのその価値は高い。

このページのトップへ


Copyright(c)Shiogama tourism and industry assosiation.