塩竈市の紹介

復興へ一歩ずつ
東日本大震災後、みなさまからのご支援を頂戴しながら、復興に向けて取り組んでまいりました。現在、震災の影響を受けた観光施設や店舗はほとんど復旧し、ほぼ通常通り観光をお楽しみいただけます。
「おいしさと笑顔がつどう みなとまち塩竈」で皆様のお越しを心よりお待ちしております。

塩竈市の概要

鹽竈神社(塩釜神社)塩竈市は宮城県のほぼ中央、仙台市と日本三景で知られる松島との中間に位置しています。
「陸奥国一之宮 鹽竈神社」の門前町として、またみなとまちとして栄えてきました。
古くは、陸奥の国府多賀城への荷揚げ港として、藩政時代には仙台藩の港として、明治以降は国内有数の港湾都市として、また、近代になってからは近海・遠洋漁業の基地としても発展してきました。

塩竈市魚市場「日本有数の生鮮マグロの水揚げ港」に代表されるように、新鮮な魚介類が豊富にあり港町独特の食文化がつくられています。
なかでも、四季折々の豊富な種類の魚を生かし日本一の寿司のまちを目指しています。
水産加工業も盛んで、笹かまぼこ、揚げかまぼこなどの水産練り製品など、日本有数の生産量を誇るものが数多くあります。

浦戸諸島また、「奥の細道」には松尾芭蕉が塩竈から松島へ舟で渡ったことが綴られていますが、塩竈には松島観光の海の玄関口としての一面もあります。
あまり知られていませんが、八百八島といわれる松島の島々のうち半分以上は塩竈市の行政区にあります。
特に人が住んでいる浦戸諸島には、春菜の花、海水浴やマリンスポーツ、四季を通じての釣りなど海や島を楽しむため多くの人が訪れています。

詳しくは塩竈市のホームページをご覧ください。

宮城県塩竈市の地図

塩竈ゆるキャラ