×

x

平成28年10月~12月28日まで作品の募集をしておりました「第53回観光のしおがま写真コンクール」にたくさんの作品をご応募いただき、誠にありがとうございました。今年は75名の方から合計252点の応募がありました。平成29年1月13日(金)に審査会が行われ、厳正なる審査の結果、以下の皆様が入賞されました。おめでとうございます。

 

《審査委員長講評》

第53回となる今回のコンクールも、温かい目で塩竈をとらえていただいた作品が数多く応募されました。また、ジュニア部門へも多数の応募があり、大人の視点にはない切り口に新鮮味を感じました。私達大人も感覚を柔らかくしてシャッターを切りたいと思います。
入選されたみなさま、本当におめでとうございます。また今回、入選されなかった皆様の作品の中にも力作が多く、苦渋の想いで落としてしまった作品が数多くあります。どうぞ、来年も写真コンクールに応募くださいますように、お願いいたしまして、作品の好評とさせていただきます。

【入選作品紹介】

●自由写真部門●

特 選/「神輿登場」 日野俊文さん

準特選/「風情な街に出会う」 佐々木 均ん、「雪の境内」 横田 弘さん

入 選/「大漁旗に見守られて」 朝井 亮さん、「神社めざして」 後藤 博さん

「神輿巡幸へ」 江畑光子さん、「雪化粧」 佐藤俊吉さん

「人力車が通る街」 佐藤一之さん、「流鏑馬」 原田雅博さん

●特別賞●

丹六園賞/「新嘗祭」 斎藤政征さん

蒲鉾の水野賞/「みなと祭」 菊池郁子さん

鮨しらはた賞/「海の恵み」 尾形倫子さん

本舗十字屋賞/「微笑む少女」 佐々木勝広さん

●レディース部門入選●

「夏越大祓 茅の輪くぐり」 吉田啓子さん、「大漁の朝」 尾形倫子さん

「千賀の浦の朝日」 浦澤洋美さん

●ジュニア部門入選●

「目があいましたね」 山田綺那さん、「優勝しました」 山田綺那さん

笑って、飲んで、食べて…
大人が本気で楽しめま~す(^o^)丿

 

日時/2月4日(土)16:30~
会場/塩竈市杉村惇美術館 講堂
(塩竈市本町8-1)
会費/5,000円(前金制、テーブル着席会食付)

●市内蔵元のお酒(8種)を堪能
●美術館鑑賞券付
●東北大学落語研究会の出演
●利き酒クイズ

 

問・申込/塩釜小売酒販組合 022-366-2054
mail:shiogamasyuhankumiai@rc4.so-net.ne.jp

河北新報社が、地域のみなさまに支えられて創刊120周年を迎えるという事で、地域への感謝をこめて、県内35市町村の魅力を紹介する「地域愛新聞」を1月17日(北部地域掲載)と18日(南部地域掲載)に発行しました。(本誌内ではなく、別紙で発行しています。)

 

みやぎ35市町村の魅力はもちろんですが、塩竈の魅力も「てんこ盛り」にして紹介しています。(「塩竈愛」は、18日発行分表紙の次のページです。)
郷土愛あふれた新聞です。ぜひ、お読みください。

 

そして

「みやぎの特産物が抽選で当たる!!」という、「地域愛新聞」人気投票を実施しています。
「塩竈愛」に投票して、ぜひ、特産物を当てちゃってくださ~い(^o^)丿

 

投票方法など、詳しくはこちらをご覧ください(外部サイトへ移動)
みやぎ地域愛新聞 総選挙 河北新報社

日時/1月22日(日) 10:00~16:00
場所/マリンゲート塩釜
塩竈市港町1-4-1

【イベント紹介】
餅つきショー、お雑煮の販売、各店オリジナル福袋販売、抽選会など。
マリンゲートかるた作成、似顔絵コーナー、神楽演舞など。

問/マリンゲート塩釜 022-361-1500

詳しくは、こちらをご覧ください(外部サイトへ移動)
http://shiogama.co.jp/marinegate/

イベント内容、塩竈市浦戸へのアクセスなど、
詳細はこちらをご覧ください(外部サイトへ移動)
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/urato/index.html

※島コンの情報は、上記サイト内「ニュース一覧」をご覧ください。

 

問/022-369-2240 塩竈市浦戸諸島開発総合センター